企業情報

■経営理念
・常にユーザーに喜びを提供できる”ブランド商品”を創りだすこと
・常にユーザーが誇りを持てる”世界の一級品”を創り上げること
・常に”魅力”ある商品を開発すること
・常に一生懸命働き”お得意様に感動を与える営業”を目指すこと
私たちは上記の理念をモットーに、自由な発想と若い感性の融合によるスポーツ志向の創出から、社会に安全で安心な製品をお届けしていきます。

開発思想

「世界のNo.1を目指すブランド展開」商品の価値がそのまま企業の価値をあらわす・・・
そんな商品をつくることがPIAAの願いです。
それは単に利益を追求するだけではありません。ファンに喜んでもらえること、
PIAAの商品を持つことを誇ってもらえること、企業として成長商品がさらに成長商品を生み出していくこと、ブランドが常に新鮮な展開をできるような体制をつくっていくことが、真の意味でユーザーに喜びを与えられると考えています。

事業展開

市場の変化、多様化、拡大化が進む自動車業界において、当社は常にリーディングカンパニーとしての展開を続けています。
常に新製品開発への努力を怠らず、近年は環境に配慮した製品開発も視野に入れて取り組んでおります。技術力、生産力、販売力、そして企画マーケティング展開により、市場の信頼を確保すると同時にシェアの拡大も図っております。

■会社概要

役員構成

代表取締役社長: 前川 眞一郎
取締役: ペルフィグ・ジャン・バティスト
取締役(非常勤): 白土 秀樹
取締役(非常勤): 後藤 浩之
監査役: 後藤 忍

事業所

本社: 東京(文京区) 
営業所: 札幌、仙台、藤岡、東京、名古屋、大阪、福岡
工場: 群馬県藤岡市
海外拠点: PIAA USA(オレゴン州ポートランド)

従業員数

グループ全体: 179名(2015年3月末)

関連会社

PIAA USA

取引先銀行

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、商工組合中央金庫、
群馬銀行、横浜銀行(順不同)

主要取引先

(株)イエローハット、エンパイヤ自動車(株)、(株)オートアールズ、(株)オートバックスセブン、(株)共豊コーポレーション、
コスモ石油マーケティング(株)、JXトレーディング(株)、(株)ジャパン三陽、スズキ(株)、大洋(株)、
(株)タカマコンペティションプロダクト、(株)タクティー、辰巳屋興業(株)、ダイハツ工業(株)、中央自動車工業(株)、中発販売(株)、
東洋ゴム工業(株)、日産自動車(株)、パワーアップジャパン(株)、BMWジャパン(株)、(株)ビッグウェイ、富士重工業(株)、
ブリヂストンリテールジャパン(株)、(株)ホンダアクセス、(株)ホットスタッフコーポレーション、マツダ(株)、マルカサービス(株)、
三菱自動車工業(株)、ムラキ(株)、(株)ヤナセ、(株)ライジングサン、(株)ワイエフシー
他全国約500社 (50音順)

PIAAは、1963年7月、市光工業株式会社の一般補修部品販売部門から分離独立し、HID・LEDバルブやランプ、ワイパー、キャリア等の自動車・
二輪車部品を製造・販売しています。

kigyou_zu2


ICHIKOH

グローバルに展開する、自動車用ランプとミラーの提案型サプライヤーICHIKOH

市光工業とは
市光工業株式会社は、1903年に創業した、自動車用ランプ、ミラー、その他自動車部品の開発、設計、製造、販売を行う専門メーカーです。
1932年には初代ダットサンにヘッドランプを装着し、日本初のプロジェクターヘッドランプや世界初の電動格納式ドアミラーを製品化、現在も電気自動車「日産リーフ」に搭載された超低消費電力LEDヘッドランプなど独自の製品開発を行っています。トヨタや日産をはじめとする国内全ての自動車メーカー及び海外メーカー、アフターマーケット向けに製品を供給しています。
市光グループは、国内にテクニカルセンターを含め11ヵ所の拠点、中国やマレーシア、インドネシア、タイ等アジアに5つの海外拠点を有し、総従業員数は4,941名(2012年3月末現在)です。
国内において、自動車用ランプで約20%、ミラーで約15%の市場シェアを、世界でも、2000年より資本・業務提携している仏ヴァレオ社と合わせて約20%弱の自動車用ランプの市場シェアを誇っています。

Valeo

ヴァレオグループ
自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2 排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供します。
2014年度のヴァレオグループの売上高は約127億ユーロであり、OEM売上の10%以上を研究開発に投資しました。ヴァレオは、29カ国に133カ所の工場、16カ所の研究センター、34カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約78,500人の従業員を擁しています。
ヴァレオはパリ証券取引所に上場しており、CAC40指数に採用されています。

日本におけるヴァレオグループ
ヴァレオの日本における歩みは、1985年12月の日本法人設立から始まりました。現在、(株)ヴァレオジャパン、ヴァレオユニシアトランスミッション(株)(合弁会社)からなる日本のヴァレオグループ2社は、日本国内に9カ所の生産拠点、3カ所の研究開発センターを構え、約2,800人の従業員を擁しています。また、ヴァレオは自動車用ランプ事業において市光工業(株)と事業提携し、日本における独立系アフターマーケット製品の販売においてPIAA(株)とビジネスパートナーシップを締結しています。