• 取扱説明書
  • お問い合わせ
  • よくある質問
  • デジタルブック

HOME >  よくある質問 >  HID よくある質問

HID よくある質問

HIDとは?

High Intensity Discharge(高輝度放電灯)の略称で、水銀ランプ・高圧ナトリウムランプやキセノンランプの総称です。
ハロゲンバルブに比べて、カンデラ値(cd)が約2.5以上明るく、寿命も約3倍以上、照射光も太陽光に近い白色という特長があります。近年LEDヘッドライトが話題ですが、現時点では1Wあたりの明るさとしてはHIDが最も明るい光源です。太陽光に近いHIDヘッドライトの色は、フォグライトやポジションランプが明らかに電球色と異なる為、ヘッドライトの色に合う様に、ポジションバルブやハイビーム、フォグライトをHIDやLEDに交換する方が増えています。
≫HIDをさらに詳しく

色温度[K](ケルビン)って何ですか?

色温度とは、色を示す単位であり、数値が高いほど蒼みが高まります。
光源の温度・明るさとは関係ありません。

HIDの発光原理は?

HIDバルブ内部の電極に高電圧をかけると二つの電極間で放電が発生します。このアーク光 を光源としたものがHIDバルブです。

電極間に高電圧を掛ける。
    ↓
バルブ内の沃化物と不活性ガスであるキセノンガスが電離してアーク放電が発生。
    ↓
アーク放電の熱により沃化物が蒸発してランプの電圧と電力が上昇。
    ↓
発光管の温度が上昇する事によって金属ハロゲン化物が蒸発し気体の状態になる。
    ↓
蒸発した金属ハロゲン化物も電離して、その金属に固有の発光を放射する。
この発光がHID特有の圧倒的な照射を実現します。

HIDのバルブタイプには、どのような種類がありますか?

≫HIDバルブ形状一覧

HIDシステムのそれぞれ部品の役割は何ですか?

自動車用ライトとして瞬時に点灯する必要上、点灯時には直流から交流への変換と約20,000V(ボルト)もの高電圧が必要となります。コントローラーでは、直流から交流へ変換し、点灯後の約20秒前後で、約85V(ボルト)に安定制御をしています。イグナイターは、瞬間点灯に必要な20,000Vの高電圧に昇圧する増幅機能を果たしています。高電圧を発生する装置の為、万が一事故の際の断線や漏電等の場合には、電流をシャットダウンする機構を備え、安全対策にも万全を期しています。

コンバージョンHIDとは?

コンバージョンとは、変換という意味です。純正ハロゲンバルブからHIDシステムに変換するという意味から、弊社では純正ハロゲン車用HIDをコンバージョンHIDと呼んでいます。

コンバージョンHIDの装着は、自分で簡単に出来ますか?

車両によっては、バンパーの脱着が必要な車種などもあり、難易度は車両により異なります。 特にHIDは、20,000Vという高圧電流を発生します。また、エンジンルーム内では怪我をする恐れがありますので、カーショップなどで専門知識のあるメカニックにお取り付けをお願いしてください。
純正ハロゲンバルブと交換し、HIDシステムを取り付けします。ハロゲンバルブの様に単純交換ではなく、リレーハーネスを引き回し、コントローラー、イグナイターの固定を伴います。特にイグナイターは、2万ボルトの高電圧を発生しますので個人でのお取り付けはご遠慮ください。バルブにつきましても、透過率を重視している為ガラスを使用した製品です。素手でバルブを触ると手の油分により、点灯後に熱変化が生じ破裂の恐れがあります。また、装着時の衝撃やキズ等から破損する事が懸念されます。
BULB/HID車種別適用表およびHID取付可否の確認などをよくお読みください。

HIDの寿命はどのくらいですか?

約1,500~2,000時間程で明るさが70%くらいに落ちてくる特性があります。使用頻度や、使用状況により寿命は期間で示すことはできませんが、蛍光灯の様に徐々に暗くなっていき、いずれ点灯しなくなる特性を理解し、車検ごとに点検し交換することをお勧めいたします。

HIDの選び方を教えてください?

①まず、自分の車に装着されているバルブのタイプ[形状]を確認してください。
弊社適用情報でも、確認ができます。念のため、必ず実車でもご確認ください。
②純正と同形状のバルブシリーズからお好みのH.I.Dバルブをお選びください。
≫バルブラインアップ

・色光選択のポイント
一般的な自動車の純正バルブは、黄ばんでいます。お部屋の電球の色光に例えると、白熱電球よりも蛍光灯の方が見やすいように、お好みの見やすい光が存在します。見やすさとドレスアップ性を踏まえてお選びください。

純正フォグランプにThree Stageバラストや35Wバラストは装着できますか?

ランプ容積が小さいフォグライトの耐熱性の理由から、Three Stageシステム及び35W製品は装着できません。純正フォグライト用HID製品をご使用ください。

ハロゲンバルブからHIDバルブに交換しようと思っていますが、何か事前に知っておいた方が良い情報はありますか?

ご購入前に必ずお読みください。>クリック

純正HIDの装着は、自分で簡単に出来ますか?

車両によっては、バンパーの脱着が必要な車種などもあり、難易度は車両により異なります。特にHIDは、20,000Vという高圧電流を発生します。また、エンジンルーム内では怪我をする恐れがありますので、カーショップなどで専門知識のあるメカニックにお取り付けをお願いしてください。
純正HIDバルブの純正バルブタイプ規格に準拠していますので、純正HIDバルブと交換するだけで取り付けできます。但し、バルブは透過率を重視している為、ガラスを使用した製品です。素手でバルブを触ると手の油分により、点灯後に熱変化が生じ破裂の恐れがあります。また、装着時の衝撃やキズ等から破損することが懸念されます。

補修用パーツは、購入出来ますか?
(例:HIDバルブ、リレーハーネス、イグナイター、コントローラーなど)

それぞれのパーツが購入できます。お近くのカーショップへお問い合わせの上、お買い求めください。(生産終了品など一部製品を除く)
バルブにつきまして、1本でもお買い求めいただけますが、新品と使用中の製品とではHID特性上明るさの違いなどが生じ、照射光色などに若干の違いが出ることがあります。片方のみの寿命でご購入の場合、もう片方も経年変化で寿命が近いと予測できます。
2本1セットにて左右交換されることをお勧めいたします。

古いタイプのPIAA製HIDコンバージョンキットを車両に装着していますが、
色温度(ケルビン)を変えたいと思います。HIDバルブだけの交換は出来ますか?

交換頂けます(カプラー形状要確認)。補修用パーツとしてバルブ単品設定しております。お近くのカーショップへお問い合わせの上、お買い求め下さい。但し、PIAA SELECTシリーズのHIDバルブとは、カプラー形状に互換性がない為、お取り付けできません。現在装着されているバルブの照合や品番紹介につきましては、弊社、お客様相談窓口へお問い合わせください。

車検について詳細情報を教えてください

製品により異なります。それぞれの製品情報に車検対応可否を掲載しておりますので、ご覧ください。特にThree Stage HIDシステムでは、45W⇔35W⇔25Wの各モードにより、ケルビン値が変わります。車検対応範囲内のTS専用スイッチをご使用ください。
≫車検対応について

よくある質問で解決しなかったら… お問い合わせはこちら